働かせる
2019.7.31

新しい生命保険の種類と、進化する団体信用生命保険

(写真=iJeab/Shutterstock.com)
(写真=iJeab/Shutterstock.com)
もしものときの備えとして、生命保険に加入している人は多いかもしれません。生命保険に加入しておけば、事故や病気のリスクにあらかじめ対処することができ、不安を軽減させることが可能です。死亡や高度障害への備えとなる狭義の生命保険はもちろん、学資保険や養老保険も含めた広義の生命保険など、現在では、さまざまな保険が普及しています。

ただ、生命保険の効果性について考えてみると、必ずしも保険会社が提供する保険のみがその対象になるわけではありません。たとえば、マンションなどの不動産を購入した場合に提供される団体信用生命保険についても、いざというときの備えになるでしょう。そのような点も加味しつつ、家計状況や資産形成をふまえたうえで、検討していくことが求められます。

時代に応じて変化する保険

近年は、保険の内容も多様化しています。一般的な保険商品といえば、満期保険金がない代わりに月々の保険料が安い「定期保険」や、中途解約した場合に解約返戻金が支払われる「長期標準定期保険」です。ほかにも、月々の保険料は変わらず、期間の経過とともに保険金額が減少・増加していく「逓減定期保険」や「逓増定期保険」など、加入者のニーズに応じて多種多様な保険が用意されています。

さらに、多様化する働き方にともなう不安をカバーする保険として、所定の期間、保険料が支払われる「収入(生活)保障保険」なども誕生しており、保険そのもののあり方が進化しているといえそうです。今後は、さらに社会の変化に応じた幅広いニーズに対応できる保険が提供されていくことでしょう。保険の役割も変わりつつあるのかもしれません。

新しい生命保険と進化する団体信用生命保険

もちろん、進化しているのは保険会社が提供する通常の保険だけではありません。不動産投資に紐づく団体信用生命保険についても、時代の要請に応じるかたちで進化を遂げています。その点、「すでに何らかの保険に加入している人」「これから加入しようかと検討している人」のどちらも、資産形成という観点から、あらためて比較してみることをおすすめします。

生命保険が目指しているもの

一般的な生命保険は、あくまでも保険会社の事業として提供されています。そのため、新しいタイプの保険が次々と提供されているのが特徴です。一方、それらは「保険会社の収益に直結している」という点を忘れてはなりません。そう考えると、保険の利用は“必要最小限”にとどめておくことが、家計の安定や将来の資産形成に資するというのは明らかでしょう。

団体信用生命保険も進化している

一方で、団体信用生命保険の場合は不動産投資に紐づいていることもあり、資産形成と保障の両方を実現することが期待できる手法となります。加えて、3大疾病や7大・8大疾病などをカバーする団体信用生命保険も誕生しており、その内容は充実してきている傾向です。一般的な保険がそうであるように、団体信用生命保険も時代の変化や人々のニーズに対応しているといえるでしょう。

カバーできる範囲に遜色はない

進化している団体信用生命保険と一般の生命保険を比較してみても、カバーできる範囲に大きな違いはありません。つまり、各家庭において「必要な保障内容を選ぶ」という視点に関しては、いずれの場合も遜色ないのが実情です。あとは、将来の資産形成という観点からそれぞれを検討し、シミュレーションを経て、適切に選定していくことが重要になります。

状況に応じた最適な保険を見極めるために

生命保険の内容が進化を遂げているように、団体信用生命保険もまた進化を続けています。ただ、本当に必要な保険というのは、複雑なものではなくシンプルなものであるべきです。遜色のないそれぞれの保障内容を比較し、「備えるだけでいいのか」「資産形成につなげていくべきなのか」にいついえ考え、状況に応じた最適な保険を見極めていきましょう。
 

>>【無料小冊子】「安定志向」の人はなぜ不動産に投資するべきなのか

【オススメ記事】
投資の王道!株と不動産どっちがオススメ?
毎月数万円貯金するより、新築不動産購入の方が得?
アマゾン、アップル……超有名アメリカ企業から始める株式投資
クラファン、ソーレン、少額投資サービスで投資練習はいかが?
年収700万円でも貯金0円、お金持ちな人の違いとは?

NEXT 長期投資がしやすいのは「投資信託」かそれとも「不動産投資」か
PREV 複利効果が大きいのはどっち!?不動産投資VS銀行預金

関連記事