暮らす
2019.1.31

ふるさと納税で節税しつつ冬の味覚を楽しもう!ベスト3選

(写真=Golubovy/Shutterstock.com)
(写真=Golubovy/Shutterstock.com)
自分の好きな自治体に寄付を行い、多くの場合、地域の特産品やおすすめ品などが返礼品としてもらえるふるさと納税。ふるさと納税で寄付した金額の一部は、所得税や住民税から控除される、とてもお得なシステムです。ここでは、冬のおいしい味覚が詰まったお礼の品々を紹介しつつ、ふるさと納税の仕組みやメリットを解説します。

ふるさと納税は実質2,000円?仕組みとは?

ふるさと納税では、ふるさと納税サイトなどを通じて自治体に寄付を行うことで、そのお礼として返礼品を送ってもらえます。寄付した金額の一部は、所得税や住民税から控除されます。確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」も用意されており、確定申告を行わない給与所得者が手軽に寄付できるのも魅力です。

所得税からの控除

所得税からの控除は、「(ふるさと納税額−2,000円)×所得税の税率」で計算できます。控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額の40%が上限です。

住民税からの控除

住民税からの控除には基本分と特例分の2種類があります。基本分は「(ふるさと納税額−2,000円)×10%」、特例分は「(ふるさと納税額−2,000円)×(100%−10%(基本分)−所得税の税率)」、もしくは「(住民税所得割額)×20%」で計算されます。基本分は総所得金額の30%が上限です。

ふるさと納税が実質2,000円でお礼品が受け取れるといわれているのは、上記のように、寄付上限額以内であれば寄付をした金額から2,000円を引いた額が控除されるためです。

ふるさと納税後の手続きについて

ここからは、ふるさと納税後に行うふるさと納税ワンストップ特例制度の手続きと、確定申告の手続きについて解説します。

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、確定申告をしなくても、ふるさと納税の寄付金控除が受けられる仕組みのことです。この制度を利用できるのは「寄付を行った年に、確定申告の必要が無い人」「年間のふるさと納税納付先の自治体が5つまでの人」の2つの要件を満たす人のみです。例えば6回以上ふるさと納税を行った場合でも、その納付先が5つの自治体ならばふるさと納税ワンストップ特例制度は利用できるのです。

利用方法は、必要書類をふるさと納税先の自治体に送付するだけです。書類や封筒はふるさと納税先の自治体から送られてきます。申請期限はふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)という点に注意しましょう。書類の不備や、1月10日に自治体に着かないと申請が受理されない場合があります。

また、ワンストップ特例制度を利用すると、所得税からの控除は行われず、全額翌年度の住民税から控除されます。

確定申告を行う場合は、確定申告書等必要書類を用意し確定申告を行ってください。確定申告期間は2月中旬~3月15日となります。確定申告を行うのは、ワンストップ特例控除が受けられない人、年間の給与収入が2,000万円を超える人、給与所得以外の収入が20万円を超える人になります。

冬の味覚を楽しむふるさと納税の返礼品

ふるさと納税の返礼品は数多くあります。ふるさと納税をショッピングのように楽しめるサイトも多くあり、サイトによっては、ふるさと納税を行うことでポイントが貯まり、そのポイントで再びふるさと納税ができるサービスを行っているところもあります。

ここからは、おすすめの返礼品をご紹介します。寒い季節に食べたくなるおいしい返礼品ばかりなので参考にしてください。

きりたんぽ鍋セット「おたのしみセット」(秋田県秋田市)1万5,000円

(写真=PIXTA)

秋田県産比内地鶏250グラム、きりたんぽ10本、だまこもち10個、自家製比内地鶏ストレートスープ1,200ミリリットルが入ったセットです。あきたこまちで作った秋田の郷土料理、きりたんぽとだまこもち、そしておいしい比内地鶏スープが付いており、届いてすぐにアツアツのおいしいお鍋が楽しめます。

宮島が育んだ生ガキ むき身・殻付きセット(広島県宮島市)1万5,000円

(写真=PIXTA)
広島の宮島瀬戸で育った旬の生ガキ500グラムと殻付カキが15個入ったセット。ここのカキは、小粒ながらもプリッとした食感と濃厚なおいしさが特徴です。すべて加熱用ですので、むき身はカキフライやお鍋にして、殻付きカキは殻のまま焼いたり、蒸したりしてシンプルに調理すると、素材の味そのものを堪能できます。

ズワイガニ甲羅盛コンロ付セット(北海道紋別市)4万円

(写真=PIXTA)
ズワイガニ甲羅盛8個と、それを焼くコンロ台や固形燃料、金網が付いた、食べた後も楽しめるセットです。ズワイガニ甲羅盛は、オホーツク海でとれた新鮮なズワイガニの甲羅を使用。ほぐした身とカニミソの上に、棒肉を2本乗せたぜいたくな逸品です。

ふるさと納税をして自治体を応援しよう

ふるさと納税をすると、納税先がどのような地域なのか、より興味を持つようになります。そこから、ふるさと納税後も、その自治体を応援したくなることが、ふるさと納税のメリットの一つといえるでしょう。今回は寒い季節に食べたいおいしい返礼品をご紹介しましたが、電化製品や米、酒、肉などさまざまな返礼品が揃っています。まだ利用したことがない人は、税金が控除され、返礼品も受け取れるお得なふるさと納税を今年から活用してみてはいかがでしょうか。
 

>>【無料小冊子】「安定志向」の人はなぜ不動産に投資するべきなのか

>>不動産投資が老後2,000万円に備える資産形成って本当?

【オススメ記事】
リクルートが発表する2019年の住まいトレンドは「デュアラー」とは?
仕事帰りにひと風呂浴びよう!東京銭湯巡り
パスポート更新は来年がオススメ!あの名画のデザインに
スマホでオーダーする次世代スーツブランドとオーダー方法
人生100年!老後資金はいくら必要?

NEXT 高級外車もシェアする時代。人気車種1位はベンツ?ポルシェ?それとも?
PREV 還元率で選ぶ最強のクレジットカード5選

関連記事