暮らす
2019.10.19

世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2019」の見どころ

(写真=Yuganov Konstantin/Shutterstock.com)
(写真=Yuganov Konstantin/Shutterstock.com)
「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」(会場:インテックス大阪)は2019年10月24日(木)~27日(日)開催されます。24日・25日の入場は業界関係者限定ですが、26日・27日は一般客も入場可能です。世界中・日本中の観光地の魅力を味わうと共に、大阪インバウンドの勢いを体感するために訪れてみてはいかがでしょうか。

100ヵ国以上の国と地域が集結する一大祭典 待望の大阪初開催!

(写真=Lukiyanova Natalia frenta/Shutterstock.com)
(写真=Lukiyanova Natalia frenta/Shutterstock.com)
「ツーリズムEXPOジャパン」は、旅の総合イベントとして2014年から毎年開催されている一大イベントです。全国の観光地に加えて世界100ヵ国以上の国と地域の旅の情報と体験が集まる内容で“世界最大級の旅の祭典”といわれています。これまでの「ツーリズムEXPOジャパン」は東京で実施されていましたが、今回は初の大阪開催です。日本でも有数のインバウンドの盛り上がりで知られる大阪での開催だけに、イベント参加者側も来場者側も期待感が高まります。

その内容は、旅行・観光関係者に役立つのはもちろんのこと一般の人がグルメ・エンターテインメントとして楽しめる内容です。各国の文化に触れたりご当地グルメが味わえたりするなど、日本だけでなく世界中の旅のエッセンスに触れることができます。ちなみに会場となるインテックス大阪の国際見本市会場は、日本最大級の規模として知られている施設です。

「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」の見どころ

(写真=Nejron Photo/Shutterstock.com)
(写真=Nejron Photo/Shutterstock.com)
今回の「ツーリズムEXPOジャパン」は“大阪ならではの企画”が注目点です。例えばIR(カジノを含む統合リゾート)の有力候補地らしく会場内でIRをテーマにした一大企画「IRゲーミングEXPO 2019」が開催されます。大阪IR事業者に意欲を見せるMGMリゾーツやゲンティン・シンガポールも出展するため、IR事業者獲得に向けて、どのようなメッセージを発信するかが注目です。(26日・27日両日開催)

大阪のみならず、関西のうまいものを味わえるのも魅力でしょう。特にラーメン分野では以下の名店が集います。
・ラーメン激戦区の東大阪の名店「麺や清流」
・日本初の塩ラーメン専門店として知られる「龍旗信」
・豚骨魚介のダブルスープが特徴の「らーめんやまふじ」など

混雑必至なのでランチタイムを外して訪れたほうがよいかもしれません。あわせて会場内では、各地のグルメを味わえる「全国ご当地どんぶり選手権(予選会)」も開催されます。北海道~九州まで計16種類のご当地どんぶり(ハーフサイズ)を500円のワンコインで味わえることは大きな魅力です。なおこの会場で人気のあった上位メニューだけが「全国ご当地どんぶり選手権」の本線に進むことができます。

会場内のステージでは、伝統芸能の披露・踊り・クイズなどを通して世界中のカルチャーの表現も盛りだくさんです。それらに混じって「文楽の世界 & ガンバ大阪チアチーム」「舞洲プロジェクト(大阪エヴェッサ×オリックス・バファローズ×セレッソ大阪)スペシャルステージ」など大阪を象徴する企画が行われます。

会場があるのは万博会場の夢洲隣の咲洲 新大阪駅から所要時間40~45分

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
会場の「インテックス大阪」の所在地は、大阪・関西万博やIR誘致の会場となっている夢洲(ゆめしま)の隣にある咲洲(さきしま)内です。新大阪駅から電車でアクセスする場合は、次の乗り継ぎで行くことができます。
  • 新大阪~本町:大阪メトロ御堂筋線
  • 本町~コスモスクエア:大阪メトロ中央線
  • コスモスクエア~中ふ頭:南港ポートタウン線
※所要時間約45分 交通費330円 中ふ頭駅から徒歩約5分

上記のルートの他に、新大阪駅からJR東海道線・JR環状線経由で行くことも可能です。(所要時間約45分 交通費330円)

〈来場者のための参考情報〉
ツーリズムEXPOジャパン2019大阪の当日入場料は1,000円(税込み)。公式ホームページで直接購入する前売り券は500円(税込み)です。チケット購入詳細はこちら

・インテックス大阪所在地:大阪市住之江区南港北1-5-102
・インテックス大阪アクセス詳細はこちら
 

>>【無料・必読】今ワンルームマンション投資を大阪にすべき理由

>>やっぱり不動産投資は東京より大阪がアツい!

【オススメ記事】
リクルートが発表する2019年の住まいトレンドは「デュアラー」とは?
仕事帰りにひと風呂浴びよう!東京銭湯巡り
パスポート更新は来年がオススメ!あの名画のデザインに
スマホでオーダーする次世代スーツブランドとオーダー方法
人生100年!老後資金はいくら必要?

NEXT 早期リタイア後は「海外移住」!生活しやすい国の傾向と特徴
PREV 大学進学の費用など教育資金の考え方 日本人とアメリカはこんなに違う!

関連記事