特集
2019.12.6

【現地レポ】実際の新築投資用マンションを見ながら体験できるバスツアーに参加してみた

(Braight Lab編集部撮影)
(Braight Lab編集部撮影)
「マンション投資に興味はあるけどネットや資料の情報だけでは決められない」――そんなお悩みを抱えている人は少なくないはずです。そこで、プレサンスコーポレーションでは、部屋の設備やマンションの周辺環境を気軽に体感していただきたいと、バスツアーを開催しています。今回は、そのハイライトをレポートでお届けいたします。

雨の日も安心!バス移動中に相談できるのも嬉しい

 
(プレサンスコーポレーション本社 )

集合場所は、プレサンスコーポレーション本社がある「大阪ビジネスパーク」直結のクリスタルタワー1階ロビー。看板を持ったスタッフが、皆さまをお待ちしています。今回のバスツアーには、25名が参加されました。マンション投資用物件ということもあり、ほとんどはお一人での参加ですが、気さくなスタッフが親身にサポートするので心配はご無用です。
 
(プラカードをもったスタッフがお待ちしております)

早速、バスに乗り込み出発!これからどのような物件を見学するかについて、スタッフが説明します。今回は2時間かけて、築浅マンション2棟の室内見学と、竣工前マンション1棟の外部からの見学を実施。
 
(社内で質問に答えるスタッフ)

バスに乗車中は同乗のスタッフに質問もできるので、マンション投資にまつわる疑問はこのタイミングで解決することもできます。ぜひ近くのスタッフまで質問をお寄せください。(今回のバスツアーでは、築浅マンションはすでに売約済みの物件のご案内です)

この日は小雨がちらついていましたが、マンションのすぐそばでバスを降りることができるので、雨に濡れる心配もありません。

1棟目「プレサンス大阪城公園パークプレイス」


最初に訪れたのは「プレサンス大阪城公園パークプレイス」。森ノ宮駅まで徒歩2分、心斎橋駅まで徒歩8分、大阪駅まで徒歩11分の好立地にある、築10年の人気物件です。これはすべての物件に言えることですが、利便性の高い立地にこだわったマンション開発がプレサンスの特徴のひとつです。こちらは全戸売却済みのため、今回はお引渡し前の物件で見学を実施しました。
 
(プレサンス大阪城公園パークプレイス 正面玄関)

内覧担当スタッフが「外観は落ち着いたブラウンのレンガ調、エントランスホールも高級感と気品あふれるデザインにこだわっています」と説明するように、重厚感のあるモダンなデザインやエントランスアプローチは入居者から好印象。
 
(オートロックはもちろん完備)

エントランスもオートロックでセキュリティ面も強化されているため学生からの人気が高いだけでなく、単身・高所得層の入居者も多い物件です。ワークライフバランスを重視し、利便性と機能性を優先的に求める層から、特にご支持いただいております。
 
(高級感と気品あふれるエントランス)
 
(宅配ボックスも完備)

まずは改装前の室内から見学


設備は新築時に最新のものを導入しているので、古めかしさを感じさせません。2口コンロを備えたキッチンユニットや、浴室換気乾燥機室内など、住んでみて分かる“あればよかった”機能性にこだわっています。
 
(2口コンロキッチンユニット / インターホンは映像で確認可能なタイプ)

また、細かなデザインへの配慮も大切にしています。たとえば、居下を仕切る引き戸。「バタンと閉じる音を気にされる入居者様もいらっしゃるので、扉は少し重いドアにしています」と内覧担当スタッフが説明すると、参加者の皆様からも感心のお声が上がりました。こうした室内の細かい部分も、訪問することで実感をもってご確認いただけます。

フローリングもクッション素材で足当たりが良く、遮音性にも優れています。上階の足音がストレスで引越しを検討する人も少なくないので、フローリングはもとより窓など開口部の遮音対策には注力しています。

こちらは、前の入居者様が2年2ヵ月ほど、お住まいになった部屋。改装前ですが、状態がとてもきれいなので、どこを直すのか気になられた参加者様も。
 
(改装前のお部屋の床を指差し、説明するスタッフ)

内覧担当スタッフが「例えば、床の凹みをパテで直したり、クロスを洗浄したりと簡単な修復とクリーニングを実施するケースが多く、大々的な原状回復工事を行うことはほとんどありません」とお伝えすると安心されていたご様子でした。
 

次に、同様の改装後の部屋を見学


クリーニングを済ませて、引越し待ちの状態です。改装前とは大きく異なりませんが、実際にご覧いただくとクロスのくすみが少なく、浴室やトイレも新品同様まで手入れをしていることが分かっていただけると思います。
 
(まるで新築同様なユニットバス)
 

2棟目「プレサンス玉造ザ・ライブ」

 
(プレサンス玉造ザ・ライブ)

場所を変えて築1年の「プレサンス玉造ザ・ライブ」へ。JR玉造駅まで徒歩2分という好立地で、京橋駅まで5分、心斎橋駅や本町駅まで6分とアクセス抜群です。2019年1月竣工ですが、こちらもすべて売却済みのため引越し前の部屋を見学します。
 
(スタイリッシュなデザインのエントランス)

エントランスは、スタイリッシュさが際立つデザインに仕上げています。設備は、最新のものを完備。築浅の物件になればなるほど、最近の入居者様の声やトレンドを反映して、アクセントクロスを採用するなど、細やかなところもブラッシュアップしています。
 
(明るいお部屋)

また、このお部屋の販売価格をお伝えすると、皆様から「安い!」とのお声が。「圧倒的な安さの秘密は、信頼に紐づく自社での仕入れ量の豊富さです」と内覧担当スタッフが説明するように、プレサンスは9年連続で分譲マンション供給ランキング1位(近畿圏)という実績を持っているため、好条件の土地の情報が各所から入ってきやすいのです。
 
(最新設備を兼ね揃えたキッチン / 浴室はもちろん乾燥機機能付き)

3棟目「プレサンス新大阪ラトゥール」

 
(プレサンス新大阪ラトゥール)

最後の3棟目は、2020年2月に竣工を予定している「プレサンス新大阪ラトゥール」へ向かいます。特筆すべきは何と言っても立地の良さ。東三国駅から徒歩3分ほどですが、航空規制により高い建物が建築できないエリアのため、オフィスビルなどが少なく、住環境が整う落ち着いたエリアです。内覧担当スタッフは、物件の魅力を次のように説明します。
 
(物件について説明するスタッフ)

「新幹線が乗り入れる新大阪駅まで1駅の立地で、今後リニアが開通することを見据え再開発が進んでいるエリアです。新大阪エリアは路線価が4割上昇しています。基準地価も大阪市内5位の上昇率。さらに、市内主要エリアを結ぶ大動脈である御堂筋線沿いの物件というのもポイントです」(内覧担当スタッフ)

「心斎橋、難波、梅田はマンションが建たないですし、たとえ物件が出たとしても繁華街が近いのでトラブルも多数あります。東三国駅は御堂筋線沿いでありながら、落ち着いた暮らしが叶うエリアであることも魅力です。また、吉野家、すき家、マクドナルドなど大手チェーンも駅前に揃っているので、一人暮らしの方にはうってつけです」(内覧担当スタッフ)
 
 

目下、建設中の物件ですが、都会にふさわしい気品漂うデザインになる予定です。メールボックスや宅配ボックスを完備して、入居者の利便性にもこだわります。また、室内はスマートフォンアプリと連携させ、ライトやエアコンをコントロールできるIoT(モノのインターネット)仕様にするなど、次世代の暮らしにも対応します。これまでプレサンスコーポレーションが培ってきたノウハウを活かして、最新の設備で入居者の期待にお応えします。

行ってみて分かった!デザインや遮音対策など細かなこだわりも肌で実感


実際に目で見て物件の価値を確かめられるバスツアー。参加者様からも「実際に物件を内覧できて良かった。新しい物件、古い物件の違いがよく分かった」などの感想をいただきました。

マンション投資用物件は内覧が難しいケースが多くありますが、プレサンスコーポレーションは自社開発のマンションを手掛けていることから供給数も多く、こうした物件見学が可能なのです。

バスツアーはこれからも定期的に開催いたします。「図面だけだと決められない」「実物を見てからじゃないと不安」など、不動産投資に興味はあるものの、なかなか踏み出せないというときには、疑問を解決するための手段としてバスツアーも利用してみてはいかがでしょうか。これまでぼんやりしていたイメージも、実物を見学することでより具体的になるかもしれません。
 
(スタッフ一同、お待ちしております)

>>自分も行きたい!バスツアーの予定を確認する
PREV マンション発売戸数ランキング 財閥系が上位を占める中で独立系も1社ランクイン【上位5社比較】